「IIMA enフォーラム」利用規約(English bellow)

本規約は日本語版が原本となります。日本語版と英語版に差異がある場合は、日本語版が優先されます。
If there are differeces between Japanese version and English version, Japanese version shall prevail.

公益財団法人国際通貨研究所(以下「当研究所」という。)は、「IIMA enフォーラム」(以下「本サービス」という。)を提供するにあたり、次の通り利用規約(以下「本規約」という。)を定めます。本規約は、利用者が本サービスを利用するにあたり適用されるルールとなります。本サービスを快適にご利用になるために、本規約の内容をよくお読みください。


第1条(目的)
本サービスは、「国際通貨、金融をめぐる諸テーマについて、自由に討議を行い、内外の意見交流を推進し、またこれらに関する情報を共有し、もって相互理解を深めるためのインターネット上のコミュニティスペースの創造」を目的として2012年4月にスタートしました。本サービスを、利用者のみなさまのお力をいただき、共に発展させていくことができればこの上ない喜びです。当研究所は、よりよいサービスを提供できるよう、継続的に努力いたします。

第2条(定義)
本契約書上で使用する用語の定義は、次の通りとします。
(1)本サービス 当研究所が運営する投稿サイト及び関連するサービス(文章、画像、参照URLなどのコンテンツを含む)
(2)本サイト 本サービスのコンテンツが掲載されたウェブサイト
(3)コンテンツ 当研究所が本サイトにて提供する情報・画像等の総称(投稿情報を含む)
(4)ID 本サービスの利用のために利用者が固有に持つ文字列
(5)パスワード IDに対応して利用者が固有に設定する暗号
(6)投稿 利用者が文章、文字列、画像、コメント等を掲載する行為
(7)投稿情報 利用者が投稿等により掲載した文章、文字列、画像、コメント等の情報の総称
(8)個人情報 住所、氏名、職業、電話番号等個人を特定することのできる情報の総称
(9)登録情報 利用者が本サイトにて登録した情報の総称(投稿情報は除く)
(10)知的財産 発明、考案、植物の新品種、意匠、著作物その他の人間の創造的活動により生み出されるもの(発見または解明がされた自然の法則または現象であって、産業上の利用可能性があるものを含む)、商標、商号その他事業活動に用いられる商品または役務を表示するもの及び営業秘密その他の事業活動に有用な技術上または営業上の情報
(11)知的財産権 特許権、実用新案権、育成者権、意匠権、著作権、商標権その他の知的財産に関して法令により定められた権利または法律上保護される利益に係る権利
(12)反社会的勢力 暴力団、暴力団員、暴力団員ではなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業・団体、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者

第3条(サービス内容)
  当研究所は、本サイトにおいて、本サービスの目的を実現するための様々なサービス 
を提供します。個別のサービスの説明及び規定については、それぞれのページをご覧く
ださい。

第4条(利用料金)
  利用者は、本サービスの利用に関して、会員料金等、特別な負担はありません。

第5条(外部委託)
  当研究所は、システム運用・システム管理等システムの運営に必要な業務の全部また
は一部を外部委託することができるものとします。

第6条(入会)
  本サービスへの入会を希望する方(以下「登録希望者」という。)は、本規約に同意し
た上で、所定の方法で入会の申込を行ってください。
2 入会の申込に対しては、当研究所で審査し入会を承諾します。入会が認められた方は利用者登録が完了した時点から利用者となります。
3 当研究所は、利用者向けにメールで連絡事項の告知その他の情報提供を行います。あらかじめご了承ください。

第7条(ID及びパスワード管理)
 利用者は、本サービスに使用するID及びパスワードを管理する責任を負うものとし
ます。
2 利用者は、登録したIDにおいて発生するいかなる活動や行為についても、当研究所に対して責任を負うことに同意するものとします。
3 ID及びパスワードの不正利用の疑いがあると感じたときは、当研究所宛にご連絡ください。

第8条(登録情報の変更)
利用者の登録情報に変更が発生した場合は、速やかに変更の手続を行ってください。
これを怠ったことにより利用者に不具合が発生しても、当研究所は一切の責任を負いま
せん。

第9条(退会)
  本サービスの契約期限は特に設けません。利用者が退会を希望する場合、利用者は当研究所所定の方法により退会の手続を行ってください。
2 利用者が次の各号のいずれか一つの事由に該当するときは、当研究所の判断により退会いただきます。
一 当研究所の定める方法によらず利用者登録を行ったことが明らかとなった場合
二 本規約または当研究所の定めるその他の利用規約等に違反した場合
三 その他当研究所が不適切と判断した場合

第10条(遵守事項)
利用者は1人につき1つのIDを保有できるものとします。1人が複数のIDを保有
することまたは複数人が1つのIDを共有することはできません。
2 前項にかかわらず、当研究所が事前に承認した場合については、複数のIDの保有又はIDの共有ができるものとします。
3 利用者は、IDを第三者に譲渡、質入、貸与することはできません。
4 利用者は、本サービスを利用して行う自らの行為について一切の責任を負わなければなりません。
5 利用者が投稿した情報の出所等に関する責任は、利用者自身にあることを理解して、投稿を行ってください。
6 利用者は、当研究所に投稿情報を保存する義務がないことを理解し、利用者自身で必要な投稿情報をバックアップしてください。
7 利用者は、氏名、年齢その他の登録情報を偽って登録してはなりません。また、他人の情報を登録してはなりません。
8 本サービスは、原則としてハンドルネーム等の実名以外での参加は認めないものとします。

第11条(禁止行為)
本サービスの利用に際し、当研究所は利用者に対し、次に掲げる行為を禁止します。
違反した場合、退会、利用停止、掲載情報の削除等、当研究所は必要な措置を取る
ことができます。
一 当研究所または第三者の知的財産権を侵害する行為
二 当研究所または第三者の名誉・信用を毀損または不当に差別もしくは誹謗中傷する 
 行為
三 当研究所または第三者のプライバシー権を侵害する行為
四 当研究所または第三者の個人情報を、事前の許諾なく開示する行為
五 当研究所または第三者の財産を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為
六 当研究所または第三者に経済的損害を与える行為
七 当研究所または第三者に対する脅迫的な行為
八 IDの利用を停止された者に代わってIDを取得する行為
九 当研究所の許諾なく1人が複数のメールアドレスを登録して複数のIDを保有する行為
十 当研究所の許諾なく複数人が1つのIDを共同して保有する行為
十一 本サービスの運営及びシステムに支障を与える行為
十二 わいせつ、児童ポルノ、品性を欠く内容と当研究所が判断する投稿を行うことま
たは参照できるようにすること
十三 虚偽の情報を投稿すること
十四 食品衛生上問題があると認められる投稿を行うこと
十五 本サイトの趣旨と関係のない画像、文章等の投稿を行うこと
十六 同一または類似の投稿を行うこと
十七 法令、公序良俗もしくは本規約に違反する投稿を行うこと
十八 民族的・人種的差別につながる投稿を行うこと
十九 他の利用者に嫌悪感を与える投稿を行うこと
二十 上記の他、当研究所が不適切と判断する行為

第12条(著作権及び投稿)
  利用者は、第三者の著作権を侵すことのないよう、投稿を行わなければなりません。
雑誌、ホームページ、TVなどからの写真、映像、文章の無断転載は禁じます。但し、
事前に権利保有者の許諾を得たものは、この限りではありません。
2 利用者が第三者の著作権を侵害することなく投稿した情報でかつ当研究所の著作権の範囲外であるものについて、著作権及び著作者人格権は、利用者に帰属します。
3 利用者の投稿情報を当研究所が利用する場合については、第14条をご覧ください。
4 利用者が情報を投稿する場合(参照URLにより他サイトの第三者の著作物を参照させる行為も含む)、必ず利用者自身の著作物あるいは正当な使用権限を保有するものをお使いください。文章については、第三者の記述を転記してはなりません。但し、著作権法に基づく「引用」は除きます。

第13条(利用環境整備)
  利用者は、本サービスを利用するために必要な機器、ソフトウェア、通信回線等を自
らの責任と費用にて整備してください。
2 利用者はコンピュータウィルスの感染防止等のセキュリティ対策を自己の責任と費用にて講じてください。

第14条(知的財産権)
  本サービスにおいて、当研究所が提供するコンテンツ(投稿情報は除く)に関する全
ての知的財産権及びそこから得られる利益を当研究所が所有することに利用者は同意す
るものとします。
2 本サービスにおいて、投稿情報の権利(著作権および著作者人格権等)は、利用者に帰属します(但し、利用者が第三者の著作権を侵害している場合は除きます)。
3 当研究所は、利用者の投稿情報を本サービス及び本サイトの告知(TV、雑誌、インターネット等)のために利用できるものとします。但し、個人が特定できないように適切な個人情報保護措置を取るものとします。
4 当研究所は、利用者の著作物を使用して出版物を発行もしくは前項以外の目的で利用する際には、事前に当該利用者の同意を得るものとします。

第15条(利用制限)
  当研究所は、利用者が次の各号のいずれか一つに該当する場合、利用の一時停止など、 
本サービスの利用を制限することができるものとします。
一 利用者の本サイト利用により、コンピュータウィルスや大量送信メールの拡散など、当研究所または第三者に被害が及ぶおそれがあると当研究所が判断した場合
二 当研究所が利用者と電子メールによる連絡が不能となった場合
三 その他、当研究所が利用制限をかける必要があると判断した場合
2 利用制限に関して、当研究所は利用者その他に対して一切責任を負わないものとします。

第16条(削除及び変更権限)
  次の各号のいずれか一つに該当する場合、当研究所は事前通知なく投稿情報等を即時
に削除し、IDの削除ならびに将来にわたる利用禁止の措置を取ることができるものと
します。
一 利用者が本規約または別途定められた規定に違反したとき
二 登録されたIDが反社会的勢力またはその構成員や関係者によって取得または使用されたとき、もしくは使用されるおそれがあると当研究所が判断したとき
三 掲載された投稿情報が利用者の保有するものでないと判明したとき
2 削除または利用禁止に関し、当研究所は該当者及び第三者に対して一切責任を負わないものとします。
3 当研究所が必要と判断した場合には、利用者その他に通知することなく、いつでもサービス内容を変更、停止または終了することができるものとします。
4 当研究所は、自らの判断により、利用者その他に事前通知を行うことなく、本規約の変更ならびに本サイトのコンテンツの更新、追加、変更、削除等を行うことができるものとします。
5 サービスの内容の変更、停止、終了に関して、当研究所は利用者その他に対して一切責任を負わないものとします。

第17条(個人情報管理)
  当研究所は、本サービスの運営に必要な範囲内で、個人情報を正確かつ最新の状態に
保つ努力をします。
2 当研究所は、個人情報の漏洩、滅失の防止その他個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講ずるものとします。
3 当研究所は、個人情報の安全管理のために、個人情報を取り扱う従業者に対する必要かつ適切な監督を行います。
4 当研究所は、本サービスの運営に関し、保存する必要がなくなった個人情報を速やかに破棄または削除するものとします。
5 当研究所は、個人情報の取扱いの全部または一部を当研究所以外の者に委託するときは、委託契約において、個人情報の安全管理について受託者が講ずべき措置を明らかにし、受託者に対する必要かつ適切な監督を行うものとします。
6 当研究所は、前項の他、あらかじめ利用者の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供しないものとします。但し、次の各号の場合を除きます。
一 法令に基づく場合
二 第三者の生命、身体または財産の保護のために必要があると当研究所が判断した場合
三 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合
四 公的機関またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより、当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

第18条(非保証)
当研究所及び本サービスの提供に関与している企業は、次の各号について一切の保証
を行いません。
一 本サービス利用に起因して利用者等のPCに不具合や障害が生じないこと
二 コンテンツの正確性及び商品の完全性
三 コンテンツが第三者の権利を侵害していないこと
四 本サービスが永続すること
 五 広告掲載企業及び商品に関する事項の信頼性または効能等を保証すること
 六 本サービスの利用が利用者に必要な事項を満たすこと
 七 本サービスの利用に中断またはエラーが発生しないこと

第19条(免責)
  当研究所は、利用者のPC利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負いま
せん。
2 当研究所は、利用者が本サービスを利用して投稿した情報について、争いが発生した場合、当該利用者間で解決するものとし、当研究所はその責任を負いません。
3 当研究所は、利用者間の通信や活動に関与しません。争いが発生した場合、当該利用者間で解決するものとし、当研究所はその責任を負いません。
4 当研究所は、本サービスの内容変更、中断、終了によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負いません。
5 予期せぬ要因で本サイトの閲覧に関して障害が生じた場合、当研究所は一切責任を負いません。
6 当研究所は、投稿情報の監視、チェック、保存の義務を負いません。
7 当研究所は、投稿情報及び商品の合法性、道徳性、信頼性、正確性について責任を負いません。
8 当研究所は、広告掲載企業及び決済代行会社に関する事項につき、一切の責任を負いません。
9 当研究所は、本サイトの各ページからリンクしているホームページに関して、合法性、道徳性、信頼性、正確性について一切の責任を負いません。

第20条(賠償額の制限)
 当研究所は、本サービス利用により生じた一切の損害につき、その賠償義務を負いません。
2 当研究所は、利用者その他の第三者に発生した機会逸失、業務の中断その他いかなる損害(間接損害や逸失利益を含みます)に対して、当研究所が係る損害の可能性を事前に通知されていたとしても、一切の責任を負いません。

第21条(他のサービスとの関係)
当研究所が提供する本サービスその他のサービスに本規約以外の規定がある場合は、
当該規定も適用されるものとします。本規約と相反する記述がある場合は、当該サービ
スの規定を優先適用します。

第22条(通知方法)
  利用者への連絡が必要であると当研究所が判断した場合には、原則電子メールを用い
て通知いたします。
2 利用者が、当研究所に対し通知が必要であると判断した場合には、原則電子メールにて連絡を行うものとします。

第23条(不可抗力)
天災、洪水、津波、稲妻、台風、嵐、地震、疫病その他の伝染病、戦争、戦争の脅威、
戦争状態、テロ、反乱、革命、火災、爆発、海難、封鎖、暴動、ストライキ、工場閉鎖
その他の労働争議、騒擾、エネルギー供給または原材料の不足または統制、その他の法
令または政府機関の行政指導による規制、その他の法定のまたは政府による規制、また
は他の類似したもしくは類似しない当研究所の合理的支配の及ばない状況で、直接また
は間接的に生じた本規約上の義務の不履行や履行遅滞につき、当研究所は、利用者その
他の第三者に一切責任を負いません。

第24条(違反通報窓口)
本規約に違反する行為を発見した場合には、当研究所受付窓口までご連絡ください。
<受付窓口>
admin@iima.or.jp(当研究所総務部 宛)

第25条(準拠法)
本規約の準拠法は日本法とします。

第26条(裁判管轄)
本規約に関連して当研究所と利用者との間で生じた紛争については、当研究所の所在
地を管轄する裁判所を第一審の合意管轄裁判所とします。

第27条(当研究所発行メールマガジンの配信)
当研究所は利用者の登録メールアドレスに、当研究所が発行するメールマガジンを配信することができるものとします。
配信不要の場合は、利用者の意思で自由に配信登録解除できるものとします。


平成25 年2月4日 改訂
 
Terms of Use of the “IIMA en Forum”

The Institute for International Monetary Affairs (hereinafter referred to as the “IIMA”) has established the following terms of use (hereinafter referred to as the “Terms”) of the “IIMA en Forum” (hereinafter referred to as the “Services”). The Terms contain important information and describe your rights and responsibilities. Please read them carefully to ensure that your use of the Services is a safe and enjoyable experience.


Article 1. Purpose
The Services started in April 2012 with the aim of “creating a community space for promoting free dialog on various themes, including international currency and finance and domestic and foreign exchange, and for sharing information about these issues to strengthen mutual understanding.” We hope to see the Services develop and improve with the cooperation of its users. The IIMA is committed to continuous efforts to provide users with a valuable experience.

Article 2. Definitions
As used herein, the following terms shall have the meanings indicated.
(1) The Services The posting site operated by the IIMA and related services (including content such as text, images and reference URLs)
(2) The site The Website carrying the contents of the Services
(3) Contents The general term for the information, images, etc. that are provided for the site by the IIMA (including posted information)
(4) ID String of characters held by each user for using the Services
(5) Password Secret code created by each user to be used in conjunction with the personal ID
(6) Posting User’s display of text, character strings, images, comments, etc.
(7) Posted information General term for the information, including text, character strings, images, comments, etc. posted by users
(8) Personal information General term for the information that identifies individual users, such as address, name, occupation and telephone number
(9) Registered information General term for the information registered by users for the site (excluding posted information)
(10) Intellectual property Inventions, devices, new breeds of plants, designs, literary works, other matters that are generated by a person’s creative activities (including laws or phenomena of nature that have been discovered or worked out and that can be applied for commercial use), trademarks, trade names, other matters indicating products or services used for business activities, trade secrets, and other technical or business information that are usable for business activities
(11) Intellectual property rights Patent rights, utility model rights, breeder’s rights, design rights, copyrights, trademark rights, and other such rights related to intellectual property as specified by laws and regulations, or rights related to interests that are protected by laws
(12) Antisocial groups Crime syndicates, gang members, persons who ceased to be a gang member less than five years ago, associate gang members, companies or associations related to crime syndicates, corporate racketeers, groups (now gangs) pretending to be social activists, organized crime-related specialists, and other similar persons

Article 3. Particulars of the Services
The IIMA provides a variety of features on the site to achieve the purpose of the Services. For the explanations and provisions of individual services, please refer to the respective pages.

Article 4. Usage Fee
There are no usage fees or membership fees for the Services.

Article 5. Outsourcing
The IIMA may outsource the whole or part of the activities involved in running the site, including system operation and management.

Article 6. Enrollment
A person intending to enroll in the Services (hereinafter referred to as the “Applicant”) shall agree to the Terms and submit an application in accordance with the predetermined procedure.
2. An application for enrollment is subject to review and approval by the IIMA. A person whose application is approved becomes a user when user registration is completed.
3. Please note that the IIMA shall provide enrollment and registration information, etc. by e-mail.

Article 7. Management of ID and Password
Users shall be responsible for managing their personal ID and password for accessing the Services.
2. Users shall be responsible to the IIMA for any activity or act that is conducted using the registered ID.
3. Users who suspect that their ID and password are being illegally used are requested to contact the IIMA.

Article 8. Change of Registered Information
Users whose registered information has changed shall immediately follow the procedure for changes as determined by the IIMA. If a problem occurs due to the failure to make the change, the IIMA shall not be held responsible in any way.

Article 9. Withdrawal
The term of validity of the Services is not fixed. However, users who intend to withdraw from the Services shall follow the procedure for withdrawal as determined by the IIMA.
2. If an Applicant falls under any of the following subparagraphs, withdrawal from the Services shall be requested at the sole discretion of the IIMA:
1) It becomes clear that the user has submitted an application for enrollment not in accordance with the procedure determined by the IIMA;
2) The user has violated the Terms or other conditions of use that are established by the IIMA;and
3) The IIMA determines that the user’s enrollment can no longer be accepted.

Article 10. Matters of Compliance
Each user shall maintain one ID. It is prohibited for one user to have multiple IDs or for multiple users to share one ID.
2. Notwithstanding the preceding paragraph, one user can have multiple IDs or multiple users can share one ID, if prior permission is obtained from the IIMA.
3. Users shall not assign, pledge or lend their ID to a third party.
4. Users shall be solely responsible for their actions conducted when using the Services.
5. Users shall post information with the understanding that they must take responsibility for the source and accuracy, etc. of the information posted.
6. Users shall back up posted information, if necessary, with the understanding that the IIMA has no obligation to maintain posted information.
7. Users shall not register a false name, age or other personal information and shall not register using another person’s information.
8. In principle, users shall not use handles, etc. instead of their real name when using the Services.

Article 11. Prohibited Acts
The IIMA prohibits users from conducting any of the following acts when using the Services. If a user violates this provision, the IIMA may take necessary measures, including cancellation of membership, suspension of use and deletion of posted information.
1) Act that infringes on the intellectual property rights of the IIMA or a third party
2) Act that harms the reputation or credit of, or illegally discriminates against, or slanders, the IIMA or a third party
3) Act that infringes on the privacy rights of the IIMA or a third party
4) Act to disclose personal information of the IIMA or a third party without obtaining prior permission
5) Act that infringes, or threatens to infringe, on the property rights of the IIMA or a third party
6) Act that causes economic loss to the IIMA or a third party
7) Act that threatens the IIMA or a third party
8) Act to obtain an ID on behalf of a person who is suspended from using his or her ID
9) Act to obtain multiple IDs by registering multiple mail addresses without the permission of the IIMA
10) Act to obtain one ID for multiple users without the permission of the IIMA
11) Act that interrupts the operation or system of the Services
12) Act to post material considered by the IIMA to be indecent or immoral, particularly in the case of child pornography, or an act to enable a link to such material
13) Act to post false information
14) Act to post material considered to be a problem from the viewpoint of food safety
15) Act to post text, images or other material that has no connection with the purpose of the site
16) Act to post the same or similar material multiple times
17) Act to post material that violates laws and regulations, public order and morality, or the Terms
18) Act to post material that is considered to be culturally or racially discriminatory
19) Act to post material that causes discomfort to other users
20) In addition to the above, any act that is considered to be inappropriate by the IIMA

Article 12. Copyrights and Postings
Users shall post material that does not infringe on the copyrights of third parties. Users shall be prohibited from reproducing photos, images or text appearing in magazines, on Websites, TV, etc. unless prior permission has been obtained from the copyright holders.
2. If a user posts information without infringing on the copyrights of third parties and the posting is outside the scope of the copyright of the IIMA, the copyright and moral right of the author shall belong to the user.
3. For the use of users’ posted information by the IIMA, please refer to the provisions of Article 14.
4. When users post information (or refer to the copyrighted work of a third party appearing on another site using a reference URL), they shall use, without fail, their own copyrighted work, or other works that they are authorized to use. Users shall not reproduce descriptions by third parties. However, these provisions shall not apply in the case of “quotations” under the Copyright Act.

Article 13. Establishment of User Environment
Users shall be responsible for the provision and cost of the equipment, software, communications line, etc. that are necessary for using the Services.
2. Users shall be responsible for the provision and cost of security measures, including protection against computer viruses, etc.

Article 14. Intellectual Property Rights
Users shall agree that all intellectual property rights of contents provided by the IIMA in the Services (excluding posted information) and interests arising therefrom belong to the IIMA.
2. The rights to posted information (copyrights, moral rights of author, etc.) that appears in the Services shall belong to the users concerned (unless such posted information infringes on the copyrights of third parties).
3. The IIMA may utilize users’ posted information for the Services and for publicizing the site (TV, magazines, the Internet, etc.) on condition that proper measures are taken to protect the personal information and identity of individuals.
4. When intending to issue a publication using copyrighted works of users or utilize such works for purposes other than those mentioned in the preceding paragraph, the IIMA shall obtain prior permission from the users concerned.

Article 15. Restriction on Use of the Services
For users that fall under any of the following subparagraphs, the IIMA may restrict their use of the Services, including temporary suspension of use:
1) The IIMA determines that the user’s use of the site threatens to cause damage to the IIMA or third parties, such as diffusion of a computer virus or ill-intentioned large volume of e-mail;
2) The IIMA is unable to communicate with the user by e-mail; or
3) The IIMA determines that the user’s use of the Services must be restricted.
2. The IIMA shall not be responsible to users, etc. for restriction of use of the Services.

Article 16. Authority to Delete or Change
For users who fall under any of the following subparagraphs, the IIMA may instantly delete their posted information, etc. without prior notice, delete their IDs, and take measures to prohibit their future use of the Services:
1) A user violates any of the Terms or any of the rules determined separately;
2) A registered ID is acquired or used by an antisocial group, a member thereof or a person related to the group, or the IIMA determines that a registered ID is at risk of being used by an antisocial group, a member thereof or a person related to the group; or
3) It is discovered that the posted information appearing on the site is not owned by the user.
2. The IIMA shall not be responsible to the user concerned or third parties for deletion or prohibition of use of the Services.
3. If deemed necessary, the IIMA may, at any time, change the contents of, suspend or terminate the Services without prior notice to the users, etc.
4. The IIMA may, at its sole discretion, change any of the provisions of the Terms, or renew, add to, change or delete any of the contents on the site, without prior notice to the users, etc.
5. The IIMA shall not be responsible to the users, etc. for a change in content, discontinuation or termination of the Services.

Article 17. Management of Personal Information
The IIMA shall strive to keep all personal information accurate and up-to-date within the scope necessary for the operation of the Services.
2. The IIMA shall take the necessary and appropriate measures to prevent the leakage or loss of personal information and for the safe management thereof.
3. The IIMA shall supervise the persons in charge of handling personal information in the necessary and proper manner so that personal information may be safely managed.
4. The IIMA shall destroy or delete such personal information that it is no longer necessary to maintain in connection with the operation of the Services.
5. When commissioning a party other than persons of the IIMA to handle the whole or part of personal information, the IIMA shall clarify the measures to be taken by the contractor for safe management of personal information in an agreement, and supervise the contractor in the necessary and proper manner.
6. In addition to the above, the IIMA shall not disclose personal information to a third party, unless prior permission is obtained from the users concerned. However, this provision shall not apply to the cases stipulated in the following subparagraphs:
1) Disclosure is required by laws and regulations;
2) The IIMA determines that disclosure is necessary to protect the life, body or property of a third party;
3) Disclosure is necessary to improve public health or promote sound development of children; or
4) It is necessary to cooperate with public institutions or persons charged with performing activities specified in laws and regulations, and if permission is obtained from the user concerned, the performance of such activities will be disrupted.

Article 18. No Warranty
The IIMA and the firms involved in the provision of the Services make no warranty for the following:
1) Absence of trouble or failure of PCs, etc. due to use of the Services;
2) Accuracy of contents, and integrity of products;
3) No content that infringes on the rights of third parties;
4) Continuation of the Services;
5) Guarantee of reliability or efficacy, etc. of firms running ads or their products;
6) The use of the Services can satisfy the needs of users; or
7) No interruption or errors in the use of the Services.

Article 19. Indemnity
The IIMA shall neither become involved in, nor be responsible for, the PC environment of the users.
2. If a conflict arises between users concerning information posted during the process of using the Services, the conflict shall be resolved by the users concerned. The IIMA shall not be responsible for the matter in any way.
3. The IIMA shall not become involved in communications among, and activities of, the users. If a conflict arises between users, the conflict shall be resolved by the users concerned. The IIMA shall not be responsible for the matter in any way.
4. The IIMA shall not be responsible for any damage arising from the change in contents, discontinuation or termination the Services.
5. If a problem occurs in connection with access to the site due to unexpected reasons, the IIMA shall not be responsible for the matter.
6. The IIMA shall not be responsible for supervising, checking or maintaining posted information.
7. The IIMA shall not be responsible for the legality, morality, reliability or accuracy of posted information and products.
8. The IIMA shall not be responsible for any matters related to the firms running ads or settlement agents.
9. The IIMA shall not be responsible for the legality, morality, reliability or accuracy of Websites that are linked from the pages of the site.

Article 20. Limitations on Amount of Damage
The IIMA shall not provide compensation for any damage arising from the use of the Services.
2. The IIMA shall not compensate users or third parties for any damage from loss of opportunity or interruption of business, or for any other damage (including indirect loss or lost earnings), even if the IIMA is notified in advance of the possibility of occurrence of such damage.

Article 21. Relationship with Other Services
If there are rules other than the Terms for the Services and other services that are provided by the IIMA, such rules shall also be applicable to the Services and other services. However, if there is a discrepancy between the Terms and such rules, such rules shall prevail.


Article 22. Means of Giving Notice
When the IIMA determines that notice must be given to a user, such notice shall be given by e-mail, in principle.
2. When a user determines that notice must be given to the IIMA, such notice shall be given by e-mail, in principle.

Article 23. Force Majeure
If nonperformance, or delay in performance, of obligations under the Terms is caused directly or indirectly by natural disaster, flood, tsunami, lightning, typhoon, storm, earthquake, epidemic or other communicable disease, war, threat of war, state of war, terrorism, rebellion, revolution, fire, explosion, marine disaster, closure, riot, strike, lockout or other labor dispute, commotion, shortage or control of energy supply or raw materials, other regulations under laws or administrative guidance, other statutory or government regulations, or other similar or dissimilar cause or causes beyond the control of the IIMA, the IIMA shall not be responsible to users or third parties for such matter.

Article 24. Contact Point
A person who detects an act in violation of any of the provisions of the Terms is kindly requested to notify the following contact point of the IIMA.
[Contact point]
admin@iima.or.jp (General Affairs Department of the IIMA)

Article 25. Governing Law
The Terms shall be governed by the laws and regulations of Japan.

Article 26. Jurisdiction
Any dispute arising between the IIMA and a user in connection with the Terms shall be brought to a district court with jurisdiction over the location of the IIMA.

Article 27. Delivering e-mail magazines published by the IIMA
The IIMA may deliver e-mail magazines published by the Institute to registered e-mail addresses of users.
The users may cancel the delivery of such e-mail magazines at any time at their own discretion.

Revised on February 4, 2013